Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

人工多能性幹細胞

今日はNYTimesで人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう)についての記事を読みました。生物学の授業でiPS細胞のことについて習いましたが、この細胞の研究をしている人たちは医療応用を目指しているそうです。人間の体細胞に少数の因子を導入すると人工的に幹細胞が開発します。これは将来、医療用に使えることができたら人間の平均寿命が非常に伸ばすに違いないです。でも、このiPS細胞に色々な理論的、社会的、法的問題が取り巻いていくかもしれません。この研究が順調に進んだら、iPS細胞で老化が止める日もいつか来るかもしれません。